番外編、鉄道の旅

2001年12月 水島臨海鉄道、琴電、高徳線 他

 

 

昼間は、キハの単行で往復。

 

またまた、岡山に仕事のついでに乗り鉄など。

今回は、倉敷から出ている水島臨海鉄道に乗車。

 

JRの倉敷駅に隣接の水島臨海鉄道倉敷駅より乗車。

25分の乗車で、水島駅に到着。

 

ほぼ全線が高架化されている。

 

 

ほとんどの列車が水島駅で折り返し。

次の三菱自工前まで行く列車は一部。

 

 

 

水島臨海鉄道は、貨物がメインの路線なので、

旅客列車は片手間?

 

 

水島駅前も、昼間はひっそりとしている。

 

 

 

先頭の展望グリーン車に乗車。

今では新型の2階建て列車が走っている。

 

仕事を終えた翌日は、まっすぐ大阪に帰ってもつまらないので、

四国に寄り道することに。

 

岡山から坂出まで、快速マリンライナーのグリーン車に乗車。

 

瀬戸大橋からの眺望。

 

 

坂出駅は高架化されている。

 

 

マリンライナーは坂出で下車。

土讃線に乗り換えて、琴平駅を目指す。

 

JRの琴平駅

土讃線はここまで電化されている。

 

 

 

琴電の琴平駅。

JR駅のすぐ近く。

 

 

琴平から高松までは、琴電に揺られて向かう。

 

元京王電鉄の車両が活躍中。

 

 

 

仏生山車庫で憩う、旧型車両たち。

 

 

琴平から、高松の繁華街中心部にある「瓦町駅」まで乗車。

沿線はのどかな田園風景と、讃岐平野独特の山が見られる。

 

 

瓦町の駅は、立派なビル。

 

 

琴電の志度行き。

元、名古屋市営地下鉄の車両。

 

瓦町からは、志度線に乗り換えて志度を目指す。

昔は志度線の線路も本線と繋がっていたが、

今は道路を隔てて、独立した路線になっている。

 

旧型車両も活躍中。(元京浜急行)

 

 

琴電の志度駅。JR駅のすぐ近く。

 

 

 

瓦町から約30分の乗車で、志度に到着。

昔は鄙びた風景の中を走る、雰囲気抜群の路線だったが、

最近は宅地化が進み、風景は変わりつつある。

 

 

 

JRの志度駅は、立替えられて立派に!

 

 

志度からは、JR高徳線に乗り換えて徳島を目指す。

 

特急うずしお。最新の振り子車両が使われている。

多分、高速バスに対抗してのこと。

 

 

 

カーブでも減速なしで飛ばす!

 

 

この新型のキハ2000系。

エンジンもパワフル!最高130km/hで飛ばしていく。

 

 

途中の池谷で下車。列車を見送る。

 

 

徳島発、鳴門行き普通列車。

 

 

池谷で途中下車して、盲腸線である鳴門線に乗車。

 

 

池谷から約20分で、終点鳴門に到着。

 

 

 

鳴門駅で折り返し、徳島へ向かう。

 

 

鳴門駅は市内の中心部にあり、割と賑やか。

 

 

徳島の手前で、吉野川を渡る。

 

 

 

鳴門からは約30分で徳島へ。ここで下車。

 

 

 

 

徳島からは対岸の和歌山まで高速船で。

今では廃止されてしまいました。

フェリーは現在も運航中。

 

 

 

 

高速船で和歌山港に到着。

あとは南海電車で帰着です。

 

 

 

inserted by FC2 system