九州・温泉キャラバン

2004/3/24〜3/30

 

その1

 

 

2004/3/24(水)

 

 今年もやって参りました。

 恒例の春の九州キャラバン。

 今回は、今までに行った中で、行き残していた所を

 埋めるコースを選択。

 まずは、大分県西部・熊本県北部から攻める事に。

 九州へは、いつもの阪九フェリーを利用。

 泉大津発着なので、とっても便利です。

 

 今回の往路は、運良く新造船に当ったので、

 格安な、2等指定B(4名定員)を予約。

 少し狭いですが、中身はほとんど1等と変りません。

 この部屋はお得です。

 今のところ、「やまと」と「つくし」のみにしか

 ありません。(2等ザコ寝+¥2,500)

 

2004/3/25(木)

 

 泉大津発の第1便の、新門司港到着は

 朝の5:30。まだ真っ暗の中を、九州に上陸。

 今回は、下船が1番!なんか得した気分!

 

 なお今回は、ママが用事で一緒に出発できないため、

 本日の飛行機で、大分空港まで飛んで来るので、

 娘2人と出発です。

 

 まずは朝一に、中津城を訪問。

 7:00頃に行ったので、観光客は皆無。

 地元のおばちゃんが、太極拳をやってました。

 この中津城、日本三水城の一つで、お堀に

 川(海)の水を引き込んであります。

 あとの2つは、今治城、高松城。

 開城は9:00〜なので、中は見れず。残念。

 

 

 続いて、宇佐神宮に参詣。

 ここは、全国の八幡宮の総本宮で、

 かなり由緒のあるお宮です。

 

 境内が広く、駐車場からかなり歩きます。

 伊勢神宮なみ?

 

 

 

 神宮の駐車場。普通車¥400。

 かなり広い。P泊も可能かも。

 入口は自動ゲートです。

 ただしトイレは、夜間閉鎖。

 

 

 その後、豊後高田市の「昭和の町並み」を

 車で眺めつつ、ママの待っている大分空港へ。

 

 その途中で、ハプニング発生!

 振動で落ちたビールが、当たり所が悪かったのか、

 缶が裂けてしまい、カーペットにジュワ===。

 

 ガソリンスタンドで、水道を借りて洗濯。

 FFヒータで乾かしました。

 こぼれたビールは臭い!!

 でも、飲むと旨い!

 

 大分空港で、伊丹から飛んできたママに

 無事合流。

 

 

 大分空港から別府へ向かう途中の街、杵築

 立ち寄る。

 

 この街も、江戸時代の面影が多く残り、

 とても風情のある所です。

 

 

 観光コースから少し外れる、穴場的な所。

 

 

 続いて、湯の町「別府」へ。

 

 別府は、別府八湯とも言われる、温泉の町。

 

 まずは、海浜砂湯へ。目の前は海。

 これぞ、天然サウナ!とても心地よいです!

 

 砂湯と言えば、指宿が有名ですが、別府にも

 あります。

 

 ここの砂湯は、一度に入れる人数が少ないので、

 混雑時はかなりの待ち時間が出るので、要注意。

 この日も、1時間待ちました。

 

 でも、入れば気持ちいい!!

 砂湯の後は、内湯でサッパリ。

 

 

 この頃から、雨が降り出してきました。

 

 市内のスーパーで買出し後、本日のメイン温泉、

 明礬温泉の「別府温泉保養ランド」へ。

 

 

 ここのお湯がすごい!泥湯!!

 お肌スベスベ!!!

 説明は長くなるので、HPを参照してね。

 

 入浴料¥1,050とお値段は張ります。

 

 

 ← このビラには、「地獄から直結した温泉です。

   直接地獄に入っているということを、お忘れに

   ならないで下さい。」と書いてあります。

 

 

 今夜のお泊りは、比較的新しい、

 道の駅「ゆふいん」。

 

 地元購入の食材で、夕食。

 九州のスーパーでは、当たり前のように、

 鶏の刺身を売ってます。

 当然のごとく購入。焼酎とベストマッチ!

 

2004/3/26(金)

 

 この道の駅「ゆふいん」は、大型車も多いですが、

 駐車場が少し離れているので、音も気になりません。

 ただし、湯布院の中心部とは少し離れます。

 

 明け方には雨も上がり、きれいに由布岳が

 見えました。

 

 

 桜にはまだ少し早かったようですが、

 梅の花がきれいに咲いてました。

 

 この日は、まず久住山の裏側にある、

 白水鉱泉へ。

 

 ここの湧き水は、炭酸水。まさにソーダ水です!

 なんか、不思議な感じ。

 

 砂糖を加えれば、そのままサイダー!

 

 遠方からかなり人が来ているが、

 メインルートのやまなみハイウエィからは

 少し外れるので、比較的空いてる?

 

 試飲のみは無料。持ち帰りは有料です。

 

 

 この周辺は、久住山の豊富な湧き水に恵まれて

 います。

 

 続いて、白水鉱泉の近くの「男池湧水池」へ。

 

 ここは、清掃協力金を取られるが、水は無料。

 

 この水も旨い!!!

 

 その後、快適な広域農道を通って、長湯温泉

 ラムネ温泉へ。

 

 ここは、世界に3箇所しかない、比較的温度の

 高い炭酸水。(約30℃)

 

 温度が低く、初めは寒いが、長く入っていると

 炭酸ガスの効果で、手足の先の血行が良くなって

 くるのが分かる。

 体中に泡が付きます。

 少し温めてあるお湯もあるので、寒い日でも安心。

 

 

 いい温泉でした!!

 

 

 今日は、温泉デイ!

 次の赤川温泉に向かうが、オナカが減ったので、

 久住町でお弁当を購入。

 近くの公園で食べた。

 

 ここで買った、鶏めしが最高に旨かった!

 やはり九州は鶏。

 

 途中、景色の良い久住高原で休憩!

 

 天気が良く、阿蘇山もくっきりと見えました。

 周囲は牧場。

 

 

 次の温泉、赤川温泉へ。

 

 この温泉、源泉は温度が低いのを温めているが、

 温度が低いままの、源泉にも入ることができる。

 すこし白濁した、素晴らしい温泉です。

 

 露天風呂から、滝を望める。

 

 ここは、もう一度行きたいです!!

 今回の一番のお勧め温泉。

 

 

 

 続きまして、超有名になった黒川温泉へ。

 

 入湯手形¥1,200を購入すると、好きな宿の温泉

 3箇所に入ることができる。

 

 

 

 

 

 

 中心にある、旅館組合「風の舎」の駐車場は、

 キャピングカー駐車禁止でした。

 悲しい!!

 

 まずは、一軒目のお宿「優彩」へ。

 

 ここは、旅館というよりホテルの趣き。

 露天風呂から、川の眺めも良く、気持ちいいが、

 少しワイルドさに欠ける。

 洗髪や体を洗いたい場合は、いいでしょう。

 二軒目のお宿「ふじ屋」。

 

 ここは、隠れ家的な趣きで、非常に風情がいい。

 

 お風呂は半露天のみ。

 お風呂から、川の眺めが楽しめる。

 人も少ないので、ゆっくりするには最高でしょう。

 

 三軒目は、本日の真打、「新明館」。

 

 ここのお風呂は、ワイルドさが売り。

 有名な洞窟風呂もある。

 洗い場はなく、脱衣スペースも狭い。

 

 ワイルドなお風呂が好きな人には最高でしょう!

 

 

 ここの露天風呂は最高でした。

 黒川温泉の中でも、人気の一軒らしいです。

 

 

 

 温泉街の様子。とても風情があります。

 

 

 他にもたくさん、お風呂があるので、また訪れたい

 所です。

 ほんと、黒川温泉は最高。

 温泉に入りすぎて、ちょっと疲れました。

 本日のお泊りは、道の駅「小国」。

 

 地元購入の鶏の刺身。

 男池の湧き水で割った、芋焼酎。

 

 も〜最高。 ではお休みなさい。爆睡でした。

 

 

その2へ続く

 

inserted by FC2 system