キング5.3WD

 

6.キングだんじり仕様

オリジナル改造の詳細(LED編)

 

6-1.エアサスメーターの照明をLED

 

 エアサスのメーターの夜間照明は、

 ノスタルジックな電球色だったが、

 手元にあったスモールランプ用の

 LEDウェッジ球に変更。

 白く光ります。

 

6-2.LED懐中電灯設置

 

 夜間によく使うLED懐中電灯を、

 ピタッとキャッチを使って、

 エントランス横に設置。

 すぐ使えます。

 

6-3.バンクベッド照明LED

 

 ハロゲン球が付いていたバンクベッドの照明。

 消費電力軽減のために、LED化。

 周囲が暗くなってからしか使わないので、

 これで十分。

 白色LED12個+オレンジ色LED4個。

6-4.エントランス横の照明をLED

 

 エントランスの横にもハロゲン球の

 照明が付いている。

 ここの照明は普段ほとんど使わないので、

 これをLED化して、常夜灯に改造した。

 

 

6-5.エアコン調整パネル照明を、白色LED化

 

 緑色にボーと光るここの照明。

 白色LEDを使って、白色化しました。

 

 

6-6.メーターパネルの照明を白色LED

 

 エアコンパネルのついでに、

 メーターパネルの照明も白色LED化しました。

 

 

6-7.ダイネット照明、LED

 

 10Wハロゲン球が付いているダイネット照明。

 消費電力軽減のために、LED化した。

 

6-8.車高灯の中身をLEDに換装

 

 アスリートでもやっていました、

 中身のみLED換装。

 白色LEDを、各12個使用。

 消費電力軽減に貢献。

 

6-9.レンジフードの照明をLED

 

 レンジフードには、10Wハロゲン球が

 2個内蔵されている。

 明るいのだが消費電力が多く、

 積極使用はできなかった。

 そこで、自作のLED照明に交換。

 明るさは落ちるが、消費電力が激減するので、

 積極的に使用できそう。

 白色LEDを、各18個使用。

 

6-10.ミラーカバーのランプをLED

 

 ウインカー、ポジションランプ内蔵の

 ミラーカバー。

 中身の電球をLED化した。

 消費電力低減。

 ポジションの白色LEDは、とても明るい!

 

6-11.LED室内灯

 

 省電力対策のため、LEDの室内灯を増設。

 ケースは100均のライトを使用。

 中身は白色LED12個、オレンジ色LED8個。

 LEDには、光の拡散キャップも使用。

 消費電力は約1W

 蛍光灯は18Wなので、実に1/18の消費電力。

 夜に一杯やるときには、この明るさで十分。

 目が慣れると、意外と明るい。

 

6-12で仕様変更しました。

6-12.LED室内灯仕様変更

 

 前に作ったLED室内灯だが、LED数が少なく

 若干暗かったのと、構造上、天井にビス止め

 できず両面テープで固定していた為、すぐに

 外れるといった難点があった。

 よって作り替えたのだが、筐体を何にするか

 かなり悩んだ。

 結果選んだのは、100均で売っているタッパー。

 これなら簡単にフタが外せるのでメンテも簡単。

 しかもフタが半透明なので、光が適度に拡散して

 グッド!

 省エネモードにピッタリ。

 

6-13.LEDスポットランプ

 

 昨年のAK-ML全国オフでもらった

 LEDスポットランプ、やっと付けました。

 バンクベッド左サイドに取り付けた。

 今まで使っていた電池式のLEDランプは

 取り外した。

 

6-14.LEDテーブル灯

 

 ダイネットの照明はLED化してあるが、

 少し暗かったので、照明を追加した。

 日本橋でテープ状のLEDランプを¥1,500

 ゲットしたので、これを使用。

 スイッチはダイネット照明と供用。

 両面テープで貼り付け。

 色は少し青白いが、本を読む程度なら

 十分な明るさがある。

6-15.ルームランプLED

 

 今さらながら改造、その1。

 運転席のルームランプをLED化。

 初めは自作しようと思っていたが、

 日本橋で安価なアッセンブリーが売られて

 いたので、思わず購入。

 ポン付けOK。とっても明るい!

6-16.トイレルーム照明LED

 

 今さらながら改造、その2。

 元は10Wの電球が付いているが、

 結構熱くなり、消費電力も大きいのでLED化。

 こちらは、ミドルサイズのチップLEDを使用。

 30mA×4列=120mAで約1.44W

 このLEDはとても明るい。3列で十分かも。

 

 

inserted by FC2 system